美容整形口コミガイドについて

 よく「美容整形」って言葉を聞くけど、美容整形って安全なの?失敗しないの?と思っている人はいませんか?この美容整形口コミガイドでは、美容整形の基礎知識から美容外科の選び方、大手美容外科の紹介など美容整形を行う前に、是非とも知っておいて欲しい情報を取り扱っています。キレイな理想の自分を手に入れるために、美容整形情報を知っておくことをおすすめします。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

タイの整形医学についてご紹介します。タイの整形医学はアメリカで学んだタイ人の医師が1960年代に持ち込んだことが始まりだと言われています。始めは障害者や事故などで怪我をした患者さんに対して行われていました。しかし、いつの間にか美容整形として広まったようです。最近では気軽に美容整形を行う風潮のある国になってきているようです。

タイの美容整形の技術レベルをみてみると高いそうです。これはもっぱらの評判で、その割に値段が安いため海外から美容整形の手術に来る人が多いということが特徴です。また、タイの美容整形の技術は性転換手術などにも応用されています。毎年、世界中から性転換手術に訪れる男性が後を絶たないそうです。

旅費や滞在費を含めてみてもお釣りが来るそうです。このことがタイの美容整形の最大の魅力なのかもしれません。性転換など外科手術はタイが人気だということがわかりました。タイは世界中から性同一性障害に悩んでいる多くの男性が、性転換手術を受けるために入国していうそうです。日本円に換算してみると120万円前後で、男性が女性に変身する性転換手術を受けることができます。

アメリカは美容先進国とも言われいます。美容整形についても日本よりもオープンなイメージがあります。2004年の女性の美容整形(外科手術)トップ5をご紹介しますと脂肪吸引、豊胸、眼瞼(まぶた)、フェイスリフトでしtあ。美容整形手術を受けた全体のうち男性は約8%でした。約120万例で2003年と比較してみると8%の増加だったようです。

2004年の男性の美容整形(外科手術)トップ5は、脂肪吸引、眼瞼(まぶた)、鼻形成、乳房縮小、植毛でした。年齢別でみると35才~50才(45%)が最も多くて、次いで51才~64才(25%)、19才~34才(22%)、65才~(6%)、18才以下(2%)となっています。18才以下のかたに人気の施術は、レーザー脱毛、ケミカルピーリング、クリスタルピーリング、鼻形成、レーザースキンピーリングなどです。

美容整形はクリニック(46%)、サージカルセンター(29%)、病院(24%)で実施されています。アメリカ人男性に美容整形が流行していることもこのようなデータからわかります。かつては女性だけがおこなうものといったイメージでしたが、アメリカにおいては男性にも増えてきております。それぞれ動機は異なりましが、美を追求してキャリアアップを狙っている背景には性別は関係ないようです。