スポンサード リンク

夏の間、ギラギラと照りつける太陽のもと、思いっきりこんがり日焼けをしてしまい、気づいたらシミ、ソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋、秋刀魚が美味しい、栗ご飯は最高、そして、ついつい油断をしていたら、あ!おなかがぽっこり!とびっくりしてしまう、そんな人いませんか?

君の瞳は素敵だねと、若い頃はよく褒められた私の瞳が、いつの間にか、目じりが下がり、上瞼が下がって、何だか表情が冴えない、そんな人はいませんか?そんなあなたは、どうしますか?自力で何とかしたいとは思うものの、なかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みに、美容整形に救いを求める人が、年々増加傾向にあります。

でも、美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形というのは、人体の、機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的観点から、人体の改善を目指す臨床医学です。経済の成熟、医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指す、現代社会の傾向を、如実に物語っている現象とも言えるでしょう。

美容整形外科は、外科学の一分野です。また、形成外科の一分野という認識もあることから、大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されている場合もしばしば見受けられます。急速に注目を集める一方で、美容整形を扱う機関の安全性、施術者の技術力、価格設定など、実はかなりのばらつきがあるのが実情です。美しさを手に入れるためとはいえ、美容整形は、結局、自分の身体を傷つけるものですから、十分な情報を入手し、納得のいく説明を受けた上で、自分自身の判断と責任で施術に臨みたいものです。

●美容整形を受ける前に知っておきたいこと

美容整形を受ける場合もプチ整形も医療行為なので、麻酔、注射、薬剤などを使用する場合もあるので、治療を安易に考えてはいけません。 たとえば治療を受けるだけで自分自身の望み通りの結果がもたらされ、今までの悩みが全て解消するという考え方はけっしてよいことではありません。

治療の前には、担当の医師としっかり話し合い、動機、施術内容、施術によって期待される作用とリスクをきちんと理解しておきましょう。 美容整形を受けたいとおもっていても治療を受けられないケースもあります。たとえば妊娠中の方やアレルギー・重い病気にかかっている方などは、治療を受けられない場合もあります。

しかし、必ずしも100%無理というわけではないので、もしどうしても受けたい場合は自分の状態をきちんと医師に伝え、受ける時期や方法を相談してみましょう。なお、患者が未成年者の場合は保護者の承諾が必要です。偽った申告はトラブルの原因となるので、決して名前や年齢を偽るようなことは避けましょう。


●美容整形の治療を受ける場合の心得

1.動機を確認する。
気持ちを整理してなぜ美容整形できれいになりたいのかを冷静に考えること。

2.施術内容を知る
治療をすることで何がどこまで、どれくらい可能なのかをきちんと把握する。

3.状態を伝える
今までの病歴や現在の健康状態を隠したりせず、正確に医師に伝える。

4.希望を伝える
美容整形をすることによって自分の希望、意見、イメージを具体的に伝えること。

5.焦らないこと
気持ちをゆったりと持ち、効果が現れるのを焦らずに待つこと。

美容整形ときくと失敗するかもしれない?という疑問がでてきます。美容整形にまつわる失敗やトラブルを防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか。まず、美容外科医には2つのタイプがあります。そのひとつは、美容外科の手術に信念を持って患者さんとのカウンセリングから手術、アフターケアまできちんと責任を持って行っていくタイプです。

広告は医療法で厳しく制限されているため、このタイプの美容外科医は雑誌などに広告を出さずに、口コミから患者さんに支持を受けていることが特長です。もうひとつのタイプは広告費に膨大な費用をかけて、ビジネスとして美容外科を展開しているタイプです。このタイプの美容外科医は医療法に反して広告を出して、膨大な広告費を捻出するためにあまり経験のない意思やアルバイトなどに手術をさせていたりします。また次々と必要のない手術まで勧めることがあるようです。

一度、美容整形に失敗してしまうと修正することが困難なことが多いようです。また精神的にも経済的負担が生じてしまいます。美容整形の失敗やトラブルに巻き込まれないためには、テレビや雑誌などの過剰な宣伝文句に惑わされないようにしたほうがよいでしょう。美容整形を受けるには、カウンセリングを十分にうけてリスクなどの説明をきちんと聞き、信頼できる医師の元で自分が納得した上で治療を受けることが重要になってきます。

美容整形とエステティックは、全く異なるものです。その最大の相違点は、美容整形というものが、医師が診断を行い、医療的な根拠に基づいた上で治療行為が行なわれるにに対して、エステティックとは、痩身や脱毛などをはじめ、リラクゼーションを兼ねたものであることが多いです。つまり、治療を目的としたものが美容整形、全身マッサージなど、あくまでもリラクゼーションを目的としたものがエステティックと考えるといいのではないでしょうか。

例えば、美容整形クリニックでも、エステサロンでも、脱毛が行われています。最近では、エステティックサロンでも、レーザー脱毛が日常的に行われているようですが、基本的には、医師免許のない者が脱毛行為をすることは、医師法違反となります。

2001年(平成13年)には、「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取り扱いについて」の中で、医師でなければできない行為にとして、以下の3項目が、厚生労働省医政局医事課長名で発表されました。

1.用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
2.針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
3.酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、シワ、シミ等に対して皮膚剥離を行う行為

特別な訓練を全く受けていない、素人同然のエステシャンにサービスを施された結果、身体に不調が出たなど、エスティックをめぐるトラブルは、美容整形同様、相次いで報告されています。せっかくのリラクゼーションが、逆にひどいストレスを生む結果も招きかねません。どのようなサービスを受ける場合でも、慎重に機関を選ぶよう心がけ、気持ちのよい結果を得たいものです。

一週間、お仕事をよく頑張りました。頑張った自分へのご褒美に、「今日だけは」ダイエットも忘れて、思いっきり食べようと決めて、お寿司を堪能し、ビールも飲んで、デザートは、最近話題のケーキさんへ・・ということが、女性の方にはよくあることかもしれません。

ところが、その「今日だけ」は、いつの間にか、「今日だけは、ストレスがたまったから」、「今日だけは、いいことがあったから」、「今日だけは、~さんのお誕生日だから」と、名目を次々に変えながら、いつの間にか毎日、気が付けば毎週なんてことに、なってしまいがちです。でも、気づいたら、おなかまわりがぽっこり、ということに、なっている方もいるのではないでしょうか。では、その「脂肪」のお値段は、いったいどれくらなのでしょうか?

美容整形で、おなかを引っ込める方法のひとつに、脂肪吸引という施術法があります。ちなみに、腹部の脂肪を、あくまでも部分的に、ポイントだけを脂肪吸引した場合でも、その価格は、\20,000~\500,000にものぼると言われています。

では、腹部全体に脂肪吸引を行なった場合、どれくらいかかるのでしょうか。あくまで目安ですが、\300,000~\900,000にのぼるということです。実際には、脂肪は、何もおなかだけにつくというものでもありません。おなかがぽっこりしている頃には、間違いなく、太ももも、お尻も、腰も、二の腕も、そして、あごは二重になってたりということがあるものです。

太もも全体で、\45,000~\90,000。
お尻周辺で、\35,000~\600,000。
二の腕は、\120,000~\550,000。

あごも馬鹿になりません。\100,000~\250,000かかるといわれています。ただし、これはあくまでも、目安のお話です。実際は、これよりも、もっと高いかもしれません。または、ぐんとお安くお値打ちにできる可能性もあります。しかし、いずれにしても、安い買い物ではないことは確かです。

美しくなりたい、魅力的になりたい、そう思うのは、人間として自然なことですし、誰にでもある正直な気持ちでしょう。でも、経済的な面だけを考えてみても、決して気楽に飛びつけるものではないというのが、実情です。これに、さらに、肉体的・精神的な安全性も加味した場合、もっともっと慎重に考えるべきことなのかもしれません。自分は何のために、どのように美しくなりたいのか、自分自身の気持ちをしっかりと見つめ直し、それを実現させるための手段の一つとして、しっかり納得した上で、美容整形に臨みたいものです。

美容整形の体験談の中には、脂肪吸引や豊胸、しわ取り、わきが治療、レーザー脱毛、二重まぶた、鼻やアゴの修正など色々なものがあります。実際に手術を受けられた方の生の声を体験談としてみてみると美容外科手術をこれからやってみたいという方には参考になると思います。美容整形の体験談を参考にして自分にとってに相応しい治療方法やクリニックを見つけられるとよいですね。一部、体験談を紹介したいと思います。

◆美容整形の体験談

・ワキガ、多汗症の治療

身長:170cm、体重:60kg、年齢:22歳、性別:男性、施術回数:初めて

施術内容:マイクロムーブ法、痛み:まったく痛くなかった、術後の経過日数:90日、腫れ:腫れはあまりでなかった、施術費用:21から30万円

Q1.美容整形を受診しようと思われたきっかけとは?
A.仕事をしていてよく汗をかく仕事のため気になっていたから。

Q2.聖心美容外科で手術を受けることにした理由について
A.インターネットなどを調べてみて信頼度があると思ったから。

Q3.施術中や施術した後の痛みや腫れは、どうでしたか?
A.腫れはそれなりにありましたが痛みはまったくなかった。

Q4.ドクターやスタッフの対応はどうでしたか?
A.とても丁寧でわかりやすかった。

Q5.手術で希望どおりの効果がありましたか?
A.はい。

Q6.手術前に抱いていた美容外科のイメージについて
A.あまり違和感をもたないでうけられた。

Q7.クリニックを選んで良かったと思いますか?
A.はい。

初期の美容整形においては、豊胸術や若返り術と称した美容整形手術で、皮下に直接ゲル状のシリコンを注入し、合併症を引き起こしたり、隆鼻術で、解剖学的に無謀なプロテーゼ(シリコン樹脂を板状に加工したもの)を挿入し、プロテーゼが後に皮膚を突き破って出てしまったなどという、笑うに笑えない症例が、しばしば報告されました。

韓国で、医師免許のない施術者による手術で、顔が崩壊してしまった「扇風機おばさん」が、社会現象にもなったこともありました。しかし、近年では、医師が正しい解剖学的知識を正式に取得する機会が増えたこと、医療技術の進展、そして何より、消費者の目が厳しくなったことから、美容外科手術の安全性は、飛躍的に向上したといって良いでしょう。

また、最近は、レスチンジェルなど、皮膚に塗布するだけで一定の効果が得られる薬品や、ボトックス、ヒルアロン酸といった、注射するだけで効果があるものが一般化してきています。シミやしわの治療に用いられるレーザー治療は、医師の指導のもとで、国家資格と知識をもつ看護士であれば、行える施療術です。そのため、今後、よりいっそうレーザー治療が用いられるだろうといわれています。

これらは、「プチ整形」と呼ばれ、気軽に、短時間で、そして低価格で受けられることを売りにした、簡単な整形手術として広く取り入れられています。臨床経験の少ない医師でも、比較的確実に効果が得られ、安全性が高いことが、美容整形のハードルを、よりいっそう低くすることに貢献しているようです。ただし、たとえ身体への負担が減ったとしても、リスクや負担が完全にゼロということはありません。やはり、身体に傷をつけることにかわりはないわけですから、美容整形に対しては、どこまでも慎重に、十分な情報収集をして、検討した上で臨みたいものです。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形関連ニュース