スポンサード リンク
美容整形とエステの違い

美容整形とエステティックは、全く異なるものです。その最大の相違点は、美容整形というものが、医師が診断を行い、医療的な根拠に基づいた上で治療行為が行なわれるにに対して、エステティックとは、痩身や脱毛などをはじめ、リラクゼーションを兼ねたものであることが多いです。つまり、治療を目的としたものが美容整形、全身マッサージなど、あくまでもリラクゼーションを目的としたものがエステティックと考えるといいのではないでしょうか。

例えば、美容整形クリニックでも、エステサロンでも、脱毛が行われています。最近では、エステティックサロンでも、レーザー脱毛が日常的に行われているようですが、基本的には、医師免許のない者が脱毛行為をすることは、医師法違反となります。

2001年(平成13年)には、「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取り扱いについて」の中で、医師でなければできない行為にとして、以下の3項目が、厚生労働省医政局医事課長名で発表されました。

1.用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
2.針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為
3.酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、シワ、シミ等に対して皮膚剥離を行う行為

特別な訓練を全く受けていない、素人同然のエステシャンにサービスを施された結果、身体に不調が出たなど、エスティックをめぐるトラブルは、美容整形同様、相次いで報告されています。せっかくのリラクゼーションが、逆にひどいストレスを生む結果も招きかねません。どのようなサービスを受ける場合でも、慎重に機関を選ぶよう心がけ、気持ちのよい結果を得たいものです。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース