スポンサード リンク
美容整形の費用・料金

一週間、お仕事をよく頑張りました。頑張った自分へのご褒美に、「今日だけは」ダイエットも忘れて、思いっきり食べようと決めて、お寿司を堪能し、ビールも飲んで、デザートは、最近話題のケーキさんへ・・ということが、女性の方にはよくあることかもしれません。

ところが、その「今日だけ」は、いつの間にか、「今日だけは、ストレスがたまったから」、「今日だけは、いいことがあったから」、「今日だけは、~さんのお誕生日だから」と、名目を次々に変えながら、いつの間にか毎日、気が付けば毎週なんてことに、なってしまいがちです。でも、気づいたら、おなかまわりがぽっこり、ということに、なっている方もいるのではないでしょうか。では、その「脂肪」のお値段は、いったいどれくらなのでしょうか?

美容整形で、おなかを引っ込める方法のひとつに、脂肪吸引という施術法があります。ちなみに、腹部の脂肪を、あくまでも部分的に、ポイントだけを脂肪吸引した場合でも、その価格は、\20,000~\500,000にものぼると言われています。

では、腹部全体に脂肪吸引を行なった場合、どれくらいかかるのでしょうか。あくまで目安ですが、\300,000~\900,000にのぼるということです。実際には、脂肪は、何もおなかだけにつくというものでもありません。おなかがぽっこりしている頃には、間違いなく、太ももも、お尻も、腰も、二の腕も、そして、あごは二重になってたりということがあるものです。

太もも全体で、\45,000~\90,000。
お尻周辺で、\35,000~\600,000。
二の腕は、\120,000~\550,000。

あごも馬鹿になりません。\100,000~\250,000かかるといわれています。ただし、これはあくまでも、目安のお話です。実際は、これよりも、もっと高いかもしれません。または、ぐんとお安くお値打ちにできる可能性もあります。しかし、いずれにしても、安い買い物ではないことは確かです。

美しくなりたい、魅力的になりたい、そう思うのは、人間として自然なことですし、誰にでもある正直な気持ちでしょう。でも、経済的な面だけを考えてみても、決して気楽に飛びつけるものではないというのが、実情です。これに、さらに、肉体的・精神的な安全性も加味した場合、もっともっと慎重に考えるべきことなのかもしれません。自分は何のために、どのように美しくなりたいのか、自分自身の気持ちをしっかりと見つめ直し、それを実現させるための手段の一つとして、しっかり納得した上で、美容整形に臨みたいものです。

次の記事 >> 美容整形の体験談
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース