スポンサード リンク
美容整形の安全性

初期の美容整形においては、豊胸術や若返り術と称した美容整形手術で、皮下に直接ゲル状のシリコンを注入し、合併症を引き起こしたり、隆鼻術で、解剖学的に無謀なプロテーゼ(シリコン樹脂を板状に加工したもの)を挿入し、プロテーゼが後に皮膚を突き破って出てしまったなどという、笑うに笑えない症例が、しばしば報告されました。

韓国で、医師免許のない施術者による手術で、顔が崩壊してしまった「扇風機おばさん」が、社会現象にもなったこともありました。しかし、近年では、医師が正しい解剖学的知識を正式に取得する機会が増えたこと、医療技術の進展、そして何より、消費者の目が厳しくなったことから、美容外科手術の安全性は、飛躍的に向上したといって良いでしょう。

また、最近は、レスチンジェルなど、皮膚に塗布するだけで一定の効果が得られる薬品や、ボトックス、ヒルアロン酸といった、注射するだけで効果があるものが一般化してきています。シミやしわの治療に用いられるレーザー治療は、医師の指導のもとで、国家資格と知識をもつ看護士であれば、行える施療術です。そのため、今後、よりいっそうレーザー治療が用いられるだろうといわれています。

これらは、「プチ整形」と呼ばれ、気軽に、短時間で、そして低価格で受けられることを売りにした、簡単な整形手術として広く取り入れられています。臨床経験の少ない医師でも、比較的確実に効果が得られ、安全性が高いことが、美容整形のハードルを、よりいっそう低くすることに貢献しているようです。ただし、たとえ身体への負担が減ったとしても、リスクや負担が完全にゼロということはありません。やはり、身体に傷をつけることにかわりはないわけですから、美容整形に対しては、どこまでも慎重に、十分な情報収集をして、検討した上で臨みたいものです。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース