スポンサード リンク
美容外科選びの注意点

最近、テレビや雑誌などのメディアで、美容整形が頻繁に話題にのぼります。巷の噂では、美容整形は、私たちが想像しているよりも、ずっと気軽に受けられるものであるようです。しかし、宣伝広告が溢れるなかで、いったい、どこのクリニックを、どのようにして選んだらいいのでしょうか。美容整形を行っているクリニック、病院は、どのようにして探していますか、というアンケート調査による、上位3位は、以下のような結果になっています。

1位 雑誌やテレビの広告
2位 インターネット検索
3位 掲示板などの口コミ

1位にあがっている、「雑誌・テレビ広告」ですが、実際、言うまでもないことですが、広告の発信元は、そのクリニック自身である場合がほとんどです。つまり、当然、悪い内容には宣伝しない、ということを踏まえ上で、宣伝の内容を受け止める必要があるということです。

日本には、現在、「日本美容科学会」という同名の団体が2つ存在します。そして、美容外科の看板を掲げている医師は、ほぼ全員が、いずれかの学会に所属しています。一方は、開業医を中心とする日本美容科学学会(JSAS)、もう1つは日本形成外科学会会員を主体とする日本美容外科学会(JSAPS)です。両者の主義主張は異なっており、それぞれ、独自の認定医療施設制度を設けるなどしています。そのため、現実問題、美容整形手術を希望する人たちにとって、混乱を招くという状況になっています。

しかも、恐ろしいことに、美容クリニックには、指導医制度が存在しません。調査により、アルバイトの医師や、経験が未熟な医師が治療にあたっているケースが多いという実情が分りました。このことが、トラブルの温床となっているといえるようです。次のような広告には要注意です。

●「芸能人ご用達」、「~芸能プロダクション提携」
優良な技術の保証にはなりません。

●「完全無痛」、「○○式手術」
誇大広告かもしれないと疑うべきでしょう。

●「全国チェーン」、「手術数○万件」
カウンセリングを行う医師と、実際に執刀を行う医師が異なるケースが、多発しています。手術は成功ばかりではないはずです。リスクもしっかりと公表しているところこそ、信頼できるのではないでしょうか。

●「アフターケアは万全です!」
具体的に、手術後、何をどのようにしてくれるのか、明確にしておくべきです。すぐにもとに戻ってしまった、イメージと違っていた、というケースが多く報告されています。

●「カウンセリング無料!」
タダほど恐ろしいものはありません。カウンセリングだけのつもりが、あれよあれよという間に、手術契約をかわされていた、という例も多々あります。

クリニックも、一つのクリニックのカウンセリングを受けた後に即断するのではなく、複数のクリニックで、セカンドオピニオンを得て、納得した上で施術に臨むようにするのが最善の策と言えるでしょう。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース