スポンサード リンク
アンチシジング美容整形

人間は、誕生の瞬間から、その人生の最後の瞬間まで、細胞組織レベルでは、常に古い細胞組織は死んで、常に新しいものへと入れ替わるということが、繰り返しています。その意味では、年齢(age エイジ)を重ねていく”エイジング”とは、幼児期、児童期、青年期の段階から始まっているということになります。

幼い子どもに、「大きくなったね」、ぴちぴちの20歳の女性に、「大人になったね」は、褒め言葉です。エイジングは、つまり「成長」ということなのです。しかし、50歳過ぎたら、いえ、30歳過ぎたら・・、エイジングは、もはや成長ではなく、「老化」です。

美容整形の分野におけるアンチエイジングとは、この、自然な現象であるはずの「老化」に、抵抗、対抗するという意味で使われています。ただ単に、加齢を停止するだけではなく、加えて、若返りまでも謳うのです。美容整形における「アンチエイジング=若返り」作戦は、加齢を感じさせる大きな要素である、「シワ」、「たるみ」、「シミ」の治療に重点がおかれています。

シワに対しては、ボトックス法によって、シワの生成を抑制する方法がとられます。ボトックス法とは、ヒアルロン酸やエボレンスを注入し、しわの溝を埋めるという方法の治療法です。たるみに対しては、皮膚をぐっと引き上げて、たるみを解消する、フェイスリフトという方法ががとられています。また、シミに対しては、古い角質層を取り除くために、ケミカルピーリングといった治療が一般的です。

以上は、あくまで一般的な治療法です。個人の体質、それぞれのエイジングの程度によって、また、美容整形を行う機関、医師の方針によっても、選択肢は異なってきます。いずれにしても、加齢によるシワ、たるみは、心のひだとして豊かに重ねていくとしても、外見は、いつまでも、アンチエイジングで、ぴちぴちとハリのある若々しさを保っていきたいものです。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース