スポンサード リンク
ワキガの治療

夏、混雑する電車の中で、耐え難いのが、ワキガの臭いではないでしょうか。ワキガの原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。実は、アポクリン腺の分泌物自体は、無臭の物質です。しかし、その汗が皮膚上に分泌されると、皮脂腺から分泌された脂肪分や、エクリン腺から分泌された汗と混ざり合い、それが、皮膚に常在する細菌によって分解されことで、ワキガを発する物質が生成されるのです。

日本の美容整形術においては、ワキガの治療は、美容整形の分野には珍しく、健康保険を適応することができる医療行為に該当します。治療には、大きく分けて、保存療法と手術療法があります。保存療法には、制汗剤、腋毛の処理、ボトックス注射の3つの方法があります。ボトックス注射とは、A型ボツリヌス毒素製剤を注入することによって、汗の分泌を促進させる神経伝達物質アセルコリンを抑制する方法です。

手術療法には、剪除法、吸引法、皮下組織削除法、切除法の4つの方法があります。最も一般的に行われているのが、剪除法です。腋の皮膚のシワに合わせて、3センチから4センチほどの切開を1、2本入れ、アポクリン腺を切り取っていく方法です。吸引法は、腋の上部を切開し、脂肪吸引で用いる器具を挿入して、アポクリン腺を吸い出す手術療法です。皮下組織削除法も、同様に腋を切開し、器具を挿入して、アポクリン腺を削除します。切除法は、腋毛が生えている皮膚を切り取ってしまう方法です。しかし、この方法では、運動障害の後遺症が残る可能性が指摘されています。

保険が適応できることは確かですが、民間病院では、自由診療扱いで治療する場合が多いのが現状であるようです。保険の適用の可否と、臭いの強弱、腋毛の範囲は、一切関係ありません。美容整形を行う機関で、ワキガおよび脱毛の治療を受ける場合は、健康保険の適用が可能かどうか、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース