スポンサード リンク
多汗症の治療

多汗症(たかんしょう)というのは、緊張や不安などのストレスが原因で、交感神経に支障をきたし、体温上昇とは無関係に、エクリン腺から汗が過剰に放出される疾患です。発汗は、主に頭部・手・脇に多く見られます。治療法としては、次のような方法が考えられます。

●塩化アルミニウムを外用する。
●手足の場合は、交感神経ブロックを行う。
●腋の場合は、皮膚を切り取る、あるいは削る手術を形成外科で行う。

美容整形治療において、多汗症の治療として一般的に用いられているのが、ボトックス注入法です。ボトックスとは、たんぱく質の一種で、交感神経の働きを低下させる作用があります。その作用を利用して、ボトックスを腋の下に注入することで、汗を出すアポクリン腺やエクリン腺の活動を抑制させます。ただし、汗腺を取り除くというわけではないので、その効果は永続的ではありません。

ボトックス注入後、3ヶ月ほどで、運動神経から、新しい運動神経の側副枝が伸びてきます。そのため、アセチルコリンの放出が始まります。従って、3ヶ月から半年に1回程度の、再注入が必要となります。それでも、年に1、2回再注入することにより、数年すれば汗腺が萎縮し、汗の分泌量が低下すると言われています。

ボトックス注入の施術時間は10分ほどです。麻酔も必要でなく、負担が小さい手術と言えるでしょう。多汗症は、特に、手のひらに症状がある場合は、汗が滴るように飛び散ってしまうため、汗で物がつかめない、本が破れてしまうなど、日常生活への影響は非常に大きなものです。単なる汗っかきとは全く異なります。審美的な面だけなく、お子さんの場合などでは、学校の授業中、教科書が持てないなど、学習面での障害となる場合がありますから、ご両親がよく配慮してあげたいものです。

次の記事 >> ワキガの治療
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース