スポンサード リンク
ケミカルピーリング

朝、起きてみたら、妙に顔がくすんでいた、そういえば、この頃、睡眠不足が続いてたし、と浮かない気持ちで電車に乗り、垂れ幕広告を何気なく見ると、「期間限定・半額キャンペーン実施中!」という言葉が目に飛び込んできます。何のキャンペーンだろうと思ってよく見てみると、「ニキビ、ニキビ予防、ニキビ跡、シミ、くすみ治療にケミカルピーリング」とあります。「ケミカルピーリング」とは、何のことなのでしょうか。

ケミカルピーリングとは、酸など、皮膚に障害を与える液体を使って、角質、表皮、さらには真皮までをもを化学的に溶かし、新しい皮膚の再生を促すことによって、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうという美容のための医療行為です。たいてい、1回60分ほどの施術が行なわれます。

ケミカルピーリングの3つのステップは、以下の通りです。


ステップ1: 超音波の導入
一分間に300回万回の振動で、血行とリンパの流れを良くし、角質をやわらかくします。

ステップ2: ピーリング
角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくすることで、新陳代謝を活性化させます。お肌のサイクルを正常に戻す方法です。

ステップ3: イオン導入
リン酸を配合した、高濃度ビタミンCを真皮層まで導入します。


ピーリング剤を塗るときに、ヒリヒリとした感じがすることもありますが、カウンセリングを行いながら、徐々に進めていくため、安心だということです。施術後は、ほてりや赤みが出ることもありますが、それも翌日には落ち着き、お化粧もOKだそうです。何か、そう説明されると、「魔法」のような治療法です。 美容整形が、とても身近に感じられます。

でも、本当に何の心配もないのでしょうか。「ピーリング」というのは、英語で「はがす」という意味です。酸は間違って用いると、劇薬にもなりかねません。あくまで慎重に、信頼のおけるクリニックで、しっかりカウンセリングを受けた後に、施術をお願いしましょう。本当に透き通るような肌を、手に入れることができたらいいですね。

次の記事 >> ボトックス
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース