スポンサード リンク
鼻の美容整形

日本人に多く見られるのが、「だんご鼻」です。「だんご鼻」とは、鼻先がふくらんで、丸くなっている鼻のことで、だんご鼻の場合、顔が平面的に見えたり、鈍い印象を与えてしまったりします。美容整形によって鼻の形を整えることを、「美鼻整形」といいます。鼻先の形成や小鼻の縮小、鼻筋を通すなどの形成があります。

鼻先の形成とは、鼻の内側から、軟骨を微調整して細くしたり、鼻先にもともとボリュームがなく低い場合などは、耳の後ろの隠れた部分から、軟骨を鼻先へ移植することで、高さを出したりする場合もあります。

小鼻縮小は、切除する部分に麻酔をし、左右の鼻の穴、付け根の部分を、3~4ミリ切除した後に、3~4針縫合するものです。手術時間は、20分と短く、傷跡も目立ちません。1ヶ月もすればほとんどわからなくなります。隆鼻術とは、鼻筋を通し、欧米人のように、程よく突き出た鼻を実現する手術です。隆鼻術として、テフローゼを用いた方法があります。テフローゼとは、他の手術にもよく用いられる人工軟骨です。

長所としては次の点があります。

1.安全性が高い
2.体内にあっても変質しない
3.自由に大きさ、形が選べる
4.鼻の内側を少し切開してシリコンを密着させるだけなので、傷口が目立たない
5.万一気に入らなかった場合でも、シリコンを取り戻せば良い

一方、形が整い、定着するまでに時間がかかる、という短所もあります。シルエットが整うまでに、10日前後、組織が仕上がり、落ち着いてくるまでに、1ヶ月程度の時間が必要です。

その他、隆鼻術には、整形希望者自身の組織を、他の部分から切除して、鼻筋素材とし、移植する方法もあります。これを「自家組織移植」といいます。一般的には、耳介軟骨を使用するケースが多いです。耳介後面から軟骨を採取し、鼻の穴の内側を切開して移植します。本人の組織を使用しているため、動きに強いという長所があります。しかし、一方で、本人組織であるため、隆鼻には限界があります。1ミリ程度と考えてください。また、やり直しが難しいというデメリットもあります。

鼻は、顔の中央にあることから、その人の顔の印象を、大きく変えるものです。そのため、美鼻整形は、大変人気があります。最近では、メスを使わず、短時間で気軽にできる方法も開発されています。どの方法にも、一長一短がありますから、目やあご、口元などの他の部分の美容整形と同様、施術者とよく話し合った上で、リスクなども充分に把握し、施術に臨むことが重要でしょう。

次の記事 >> レーザー脱毛
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース