スポンサード リンク
レーザー脱毛

美容整形は、顔や身体のラインを整える目的のものだけではありません。「レーザー脱毛」も、根強い人気の美容整形の一分野です。「レーザー脱毛」は、国家資格と医療知識を持った、専門の看護師が行うこととされています。

レーザー光は、特定の色を感知し、その部分だけに、集中的に熱を加えて反応する性質を持っています。この性質を利用して、毛根の部分にある黒い色素「メラニン」にだけ反応させ、皮下の毛根を熱破壊するというのが、レーザー脱毛のしくみです。皮膚の表面は、全く傷つけることなく、ポロッと毛が抜けてしまうのです。

レーザー脱毛の場合、電気針脱毛とは異なり、短時間で終了できることが特徴です。直径約1~1.5センチの範囲に、1分間に60~120回連続照射できるため、毛穴の1本1本に針を入れていく電気脱毛よりも、断然、短い時間で脱毛を行うことが可能です。両脇ならば、たったの5~7分で済んでしまいます。忙しい方にはうってつけです。

また、針脱毛とは異なり、レーザーでは、痛みがほとんどないのも特徴です。個人差もありますが、敏感な人でも、さほど苦にならないほどといっても良いでしょう。実際、皮膚へのダメージも少ないため、例えば、脇の下、ビキニライン、背中、うなじ、おなかなどの敏感なエリアはもちろん、顔の産毛にも安心です。敏感肌の方、アトピー性アレルギーのある方も心配がないので、ぜひとも、挑戦してみる価値がありそうです。

脱毛の効果は、むだ毛が処理できるという効果だけではありません。特に、レーザー脱毛の場合は、毛根から破壊してしまうため、毛穴がふさがります。毛穴が目立たなくなることで、肌のくすみや、ざらざら感が改善され、キメが細かいスベスベのお肌を手に入れることができます。

また、レーザー光は、ワキガの臭いの元にもなる、アポクリン腺にも作用するため、ワキガ対策にも効果が期待できます。その他、レーザー治療は、皮下のシミを熱破壊するため、シミやソバカス対策にも、適しています。ただし、前述の通り、レーザー治療は、国家資格と医療知識をもった専門の看護師が、医師の指導のもとで行うことで、その効果と安全性が期待できる医療行為です。他の美容整形治療と同様、信頼のおける機関、施術者を選ぶことが、非常に重要であると言えます。

次の記事 >> しわのプチ整形
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース