スポンサード リンク
バストアップ豊胸術

魅力的で豊かな胸は、女性らしさの象徴ともいえるでしょう。しかし、出産、子育て、そして加齢と、女性のライフサイクルの中で、これほど悲しい変化を免れない部分はないと思います。胸の悩みは、その豊かさだけではありません。大きさが左右で揃っていない、垂れ下がっている、乳首や乳輪の黒ずみなど、何らかの悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。

美容整形は、そんな女性たちにとっての、救世主となってくれるのでしょうか。従来の豊胸術では、ワキの下を数センチ切開し、医療用の豊胸バッグを挿入する方法が主にとられていました。見た目も感触も自然で、豊胸術の主流です。

しかし、メスを使うのはちょっと不安があるという方には、SUB-Q(サブ・キュー)挿入法がお勧めかもしれません。これは、ヒアルロン酸を注射器で注入する方法です。これなら、注入する位置や量によって、自分の好みのバストに仕上げることができます。乳腺を傷つけることもないので、妊娠や授乳への影響も心配ありません。注入時間も10分~20分で済みます。しかし、気軽に受けられる反面、医療バッグを挿入する方法とは異なり、注入したヒアルロン酸は、1~2年で体内に吸収されてしまうため、効果は永久というわけではありません。

その他、脂肪注入法といって、自分の太ももなどの脂肪を胸に注入する方法もあります。太ももの脂肪も取れてしまう、一石二鳥の方法かもしれません。医療バッグとは異なり、もともと自分の身体の一部の脂肪ですので、抵抗も少ないかもしれません。ただし、これも定着率は50パーセント程度ということです。

形の崩れをカバーしたいという人には、バストリフト法という方法があります。ただし、この手術は、通常の豊胸術とは異なり、高度な手術技術が必要です。ですから、確かな腕のある医師に執刀を依頼することが重要です。数ある美容整形の対象なかでも、胸は女性ならではの領域です。微妙な感触の違いは、精神的にも大きな影響を与えることが予想されます。全身麻酔が必要となる場合もありますので、くれぐれも信頼のおける医療機関、医師を選択できるよう、事前にしっかり吟味し、検討することをおすすめします。

次の記事 >> 鼻の美容整形
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース