スポンサード リンク
しわのプチ整形

メスを使った本格的な美容整形は、ちょっと怖いという方には、もっと気軽に、しかも低価格で、短期間でできる、最近人気の、プチ整形がおすすめです。プチ整形とは、糸で留めて二重瞼にしたり、注射で鼻筋や口元を希望の形に整えたりといった方法で行なわれる美容整形法です。メスを使わないため、精神的にも、身体的にも、そしてお財布にも、比較的易しい美容整形施術と言えるでしょう。

例えば、しわの治療法におけるプチ整形には、どのような施術方法があるのでしょうか。一般的には、1.ヒアルロン酸の注入 2.ボトックス注射といった方法が取られています。ヒアルロン酸の注入の場合、治療時間は20分程度で、手術当日の洗髪、洗顔もOKという手軽さです。ただし、内出血の可能性があるため、化膿止めが処方されます。

ボトックス法は、しわを作る筋肉に、ボツリヌス菌の毒素を注入するというものです。毒素によって、筋肉を麻痺させてしまう方法です。こちらも、施術時間は15分と短時間で済みます。手術当日から、入浴、洗髪、洗顔が可能です。ただし、この方法の場合は、その効果が4~10ヶ月と短いのが難点です。いずれも、施術時間が短く、施術費用も比較的安価にすみます。また、手術後、翌日からお化粧ができるなど、日常生活への負担が少ないため、周囲の人にも気づかれないという利点もあります。

ただし、ヒアルロン酸の注入の場合も、ボトックス注射の場合も、事前に肌タイプのチェックや適性の判断を行なうことが不可欠です。また、手術後には、効果の持続という点から、アフターケアも大変重要となってくるでしょう。たとえ「プチ」であろうと、施術の前後も含め、総合的なケアを受けられる、信頼のおける機関を選択し、そこで施術を受けることが、最も重要なことです。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース