スポンサード リンク
二重まぶたの美容整形

美しい瞳は、老若男女を問わず、見る人の誰をも魅了する、一番のチャームポイントと言っても過言ではないでしょう。そのため、逆に、自分の目にコンプレックスを抱いているという人も多いのではないでしょうか。一重まぶた、奥二重、腫れぼったい一重、または左右ちぐはぐなど、悩みの内容はいろいろあると思います。

もし、自分のイメージ通りの瞳を手に入れられたらと、そんな夢を本当に実現してくれるかもしれないのが、美容整形です。実際、美容整形で、「どこを変えたい?」と聞かれて、最も相談が多いのが、目に関することだそうです。「私の目を何とかして!」という、女性たちの声が聞こえてきそうです。

しかし、実際、「手術」と言われると、誰でも、どうしても不安を感じるものだと思います。「本当に希望通りになるのかしら?」、「もし失敗したら?」、「どんな方法があるのかしら?」と、特に目は微妙な器官ですから、視力に影響が出ないかなども、とても心配になってしまうと思います。目に関する美容整形には、大きく分けて3つの方法があります。

1.埋没法
2.部分切開法
3.切開法

埋没法は、メスを一切使わず、髪の毛よりも細い糸で、まぶたの内側から、2、3箇所を縫うだけなので、10分ほどで完了する手術です。身体への負担も少なく、週末や、休日にちょっと「プチ整形」したい人には、お勧めです。部分切開法、切開法は、瞼の上のラインを少し切って、脂肪を取り除きます。部分切開法は手術時間が20~30分、抜糸に2日ほどかかります。切開法は30~40分、5日ほどで抜糸できます。

美容整形手術による視力への心配はありません。逆に、逆さまつげで眼球を傷つけなくなるため、良く見えるようになるということもあるそうです。ただし、やはり手術ですから、十分に、事前にカウンセリングを受け話し合うことと、アフターケアが充実している、安心できる機関で、信頼できる医師に手術をお願いすることは、手術を受ける上で、絶対に必要な条件です。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース