スポンサード リンク

誰もが、「キレイになりたい!」と願うものです。でも、「キレイ」の定義は、いったい何なのでしょうか。ある美容整形外科では、事前のカウンセリングに、自分がなりたい、理想的な顔の、または顔の一部分の芸能人の写真などを持ってきてもらうようにして、それを元に話を具体化していくといいます。ある新聞に掲載された、愛される芸能人の女性部位別ランキングでは、次のような結果が出ていました。いずれも2006年のものです。



1位 蝦原友里
2位 矢田亜希子
3位 柴崎コウ

意思のある力強い目が特徴的です。


1位 伊東美咲
2位 松島菜々子
3位 宮沢りえ

鼻筋がすっと通った、整った鼻です。高さはそれほどでもなくても、顔全体との調和が取れていることがポイントのようです。かわいい系よりも、端正な美人系ということでしょうか。


1位 井上和香
2位 アンジェリーナ・ジュリー
3位 石原さとみ

ぷくんとした、ふっくら系の唇が人気なのでしょうか。ボリューム感があって、セクシーさと健康的イメージがある唇は、魅力的な口元を作るのでしょう。

女性だけでなく、男性のランキングも発表されています。



1位 木村拓也
2位 岡田准一
3位 玉木宏


1位 岡田准一
2位 亀梨和也
3位 ペ・ヨンジュン


1位 滝沢秀明
2位 オダギリ・ジョー
3位 妻夫木聡


清涼感のある、端正な顔立ちが人気ということでしょうか。とはいえ、「美の定義」は流動的なものです。でも流行が変わったからといって、そのたびに美容整形手術を受けていたら、キリがありません。自分なりの美の意識や美の定義をしっかりもって臨まないと、いったい何を目指していたのかわからなくなってしまうかもしれません。

「キレイになりたい!」という、多くの女性の声に答え、近年、美容整形は、急速に広まりつつあります。美容整形術の技術的な向上に加えて、メスを使わない、入院の必要はなく、日帰りで治療が可能といったコースを増え、「プチ整形」という言葉の気軽さも手伝って、ますます関心が高まってきています。実際に、経験したことのない人が大半でしょうが、関心をもっているという人は、かなり多いのではないでしょうか。

そんな世の女性たちを、男性陣は、どのように見ているのでしょうか。男性のあなたは、もしあなたの彼女や奥さんが、美容整形をしてきれいになりたいと言い出だしたら、あなたはどう思いますか。年代にもよるでしょうが、平均20代後半の、ある座談会では、参加者の8割が美容整形に対して肯定的な意見を持っていたということでした。

「突然、朝、起きたら、奥さんの顔が変わっていた!」としたら、さすがに驚かれるだんな様もいらっしゃるかもしれません。しかし、「事前に相談してくれたらかまわない」、「積極的に応援したい」という、協力的な意見も多くあるようです。

美容整形を受けたことで変わるのは、顔やボディラインだけではありません。たとえほんの「少し」の変化であっても、それによって、自分に自信がつき、明るい気持ちになれるなら、美容整形というものを、ポジティブに受け止めることができるかもしれません。

いずれにしても、なぜ美しくなりたいのか、そのために、美容整形という選択肢を選択することが、最善であるのかどうかについて、きちんと納得した上で、本人が決断したことならば、周囲も、理解と愛情を持って、受け入れてあげたいものです。

毎日、しっかり洗顔をしているのに、毛穴の汚れは、なぜか目だってくるものです。鼻や頬の周りが、ぽつぽつと黒ずんでいるのを見ると、朝から気が滅入ってしまうなんていうことも、あるのではないでしょうか。いつも、ツルツルの湯上りのようなお肌でいられたらと、女性なら誰もが願うことでしょう。

鼻の毛穴の場合は、皮脂の分泌などで、広がった毛穴に汚れがつまってしまい、黒ずんでしまうというケースが多いです。また、鼻から頬にかけての部分、いわゆるTゾーンの黒ずみは、肌のたるみで、肌の毛穴が広がってしまったことが原因です。

美容整形では、肌のたるみ・しわの防止に対しては、ヒアルロン酸注射、及び、ボツリヌス菌(ボトックス)注射の方法が取られています。両方とも、メスを使わずに注射を用いる、比較的手軽な方法です。しかし、施術に頼る前に、家庭で、自分でできることはないのでしょうか?お肌の大敵、加齢・紫外線・乾燥と闘う戦術について、考えてみましょう。


1.毎日のスキンケア:肌本来の弾力性と保湿力をキープし、乾燥を防ぐようにします。オイルクレンジングで優しくマッサージをし、毛穴パックをします。その後、「収れん化粧水」で毛穴を引き締めることも忘れずにしてください。さらに、乳液や保湿クリームでふたをし、水分が逃げないようにします。

2.紫外線対策:活性酸素の発生を防ぎます。紫外線によって発生する活性酸素は、肌の老化を促進させる元凶です。庭でガーデニングをするとき、ちょっとお散歩するときなどにも、油断せず、日焼け止め、帽子など、万全の対策をしてください。 紫外線によるコラーゲンの破壊に対しては、サプリメントの摂取もお勧めです。

3.食生活:身体の内側から肌の老化を防ぐには、毎日の食生活も大切です。たんぱく質、ビタミン、ミネラルの摂取を意識しましょう。ビタミンCは、活性酸素の害を抑える効果が期待できます。ビタミンAは若さのビタミンです。


美容整形は、万能の救世主ではありません。あくまで、毎日の基本的な生活を見直すことからスタートしてみてはいかがでしょうか。

最近の美容整形手術は随分と手軽になりました。メスを使わずに、注射で薬剤を注入してしわを取ったり、医療用の糸で瞼の2、3箇所を留めてくっきりとした二重瞼を完成さたりといった手術があります。このような気軽な施術は、「プチ整形」と呼ばれ、人気があります。身体的、経済的、そして、精神的にも、美容整形のハードルがとても低くなってきているといえるでしょう。

しかし、本当に、そんなに安易に考えてしまっていいのでしょうか?こんなはずじゃなかったのにと、後で後悔しないためには、どうしたらいいのでしょうか。何よりもまず、通常の美容整形はもちろんのこと、たとえ簡単なプチ整形であっても、これは医療行為であるという認識をしっかりと持つようにしてください。そして、安全で、信頼の置ける機関に通い、誠実に対応してくれる医師に施術を依頼することが重要です。

美容整形の場合、手術そのものの、医師の技術的な失敗により、何かトラブルがおきるということは、比較的少ないようです。一方、多いのは、患者さんがイメージしていたものと、結果が異なってしまったというケースです。そのような結果を招かないためにも、医師とのコミュニケーションが重要になってきます。では、どのようなことを事前に心得ておく必要があるのでしょうか。

1.自分はどうしたいのか、自分の希望、意志、イメージを具体的にしておき、そして、それを明確に医師に伝えることが必要です。

2.施術内容をきちんと把握することが大事です。何が可能で、何が不可能なのか、身体的、精神的、経済的な負担を明確にしておくことが重要です。

3.自分の健康状態や病歴を、正確に医師に伝えるようにしてください。アレルギーのある方や年齢によっては、適切な治療が変わってきます。場合によっては、治療を受けられないケースもあります。妊娠中の方、またその可能性のある方も、医師に相談すべきです。未成年の方は、保護者の承諾が必要です。

望みをかなえてくれるはずの美容整形を受けて、心に深い傷を負うような結果になってしまったということにならないために、事前に十分話し合い、納得したうえで手術に臨みましょう。

「日帰り美容整形手術」、「プチ整形」などの言葉をよく耳にします。その名称の通り、美容整形は、急速に、私たちの生活において、身近な存在になりつつあります。しかし、美容整形手術は、あくまでも医療行為です。安易な気持ちで臨むべきではありません。たくさんの情報を集めた上で、慎重に判断を下すことが大切です。とはいえ、インターネット、雑誌、巷のうわさは、大量の情報を与えてはくれるものの、その信頼性という点を考慮すると、鵜呑みにするのは危険です。

まず、手術を受ける病院では、カウンセリングを受けて、きちんとしたインフォームドコンセントを受けることが、大変重要です。インフォームドコンセントとは、医師が患者に対して、治療前に、適切なアドバイスを与えることを言います。そうして、双方の同意を得た上で、治療が行われることが、最も正しい方法です。

医師が、わかりにくい医療専門用語を、患者にわかりやすく、丁寧に説明するということは、医療機関の義務であり、私達には、説明を受ける権利があります。また、たったひとつの美容整形機関で、一人だけの医師のカウンセリングを受けただけで、即、手術契約をするのも危険です。必ず、2、3の機関、クリニックの医師のセカンドオピニオンを受けるようにしてください。

検査などを行った場合には、レントゲンやCTなどの検査結果や血液検査などの、持ち出しの許可を得るようにしてください。もし仮に、持ち出しを許可してくれないような機関であれば、そこで治療を受けること自体を、考え直してみた方が良いでしょう。

美容整形は、一般の保健医療とは異なり、あくまで、自己責任が大きく発生する医療行為です。そして、一口に、「キレイになりたい」といっても、手術を求める人々が、イメージする「キレイ」は、個々人により千差万別です。

また、美容整形手術は、今、急速に進歩しています。同じ結果を求めるにしても、あらゆる方法、選択肢があります。患者の希望、体質などを十分に考慮し、どのようなリスクがあるのか、どのような選択肢があるのか、何が最も適した治療法なのかについて、複数の専門家の立場から、詳細な情報を得ることが重要です。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形関連ニュース