スポンサード リンク
セカンドオピニオンを受ける

「日帰り美容整形手術」、「プチ整形」などの言葉をよく耳にします。その名称の通り、美容整形は、急速に、私たちの生活において、身近な存在になりつつあります。しかし、美容整形手術は、あくまでも医療行為です。安易な気持ちで臨むべきではありません。たくさんの情報を集めた上で、慎重に判断を下すことが大切です。とはいえ、インターネット、雑誌、巷のうわさは、大量の情報を与えてはくれるものの、その信頼性という点を考慮すると、鵜呑みにするのは危険です。

まず、手術を受ける病院では、カウンセリングを受けて、きちんとしたインフォームドコンセントを受けることが、大変重要です。インフォームドコンセントとは、医師が患者に対して、治療前に、適切なアドバイスを与えることを言います。そうして、双方の同意を得た上で、治療が行われることが、最も正しい方法です。

医師が、わかりにくい医療専門用語を、患者にわかりやすく、丁寧に説明するということは、医療機関の義務であり、私達には、説明を受ける権利があります。また、たったひとつの美容整形機関で、一人だけの医師のカウンセリングを受けただけで、即、手術契約をするのも危険です。必ず、2、3の機関、クリニックの医師のセカンドオピニオンを受けるようにしてください。

検査などを行った場合には、レントゲンやCTなどの検査結果や血液検査などの、持ち出しの許可を得るようにしてください。もし仮に、持ち出しを許可してくれないような機関であれば、そこで治療を受けること自体を、考え直してみた方が良いでしょう。

美容整形は、一般の保健医療とは異なり、あくまで、自己責任が大きく発生する医療行為です。そして、一口に、「キレイになりたい」といっても、手術を求める人々が、イメージする「キレイ」は、個々人により千差万別です。

また、美容整形手術は、今、急速に進歩しています。同じ結果を求めるにしても、あらゆる方法、選択肢があります。患者の希望、体質などを十分に考慮し、どのようなリスクがあるのか、どのような選択肢があるのか、何が最も適した治療法なのかについて、複数の専門家の立場から、詳細な情報を得ることが重要です。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース