スポンサード リンク
なりたいのはどんな顔?

誰もが、「キレイになりたい!」と願うものです。でも、「キレイ」の定義は、いったい何なのでしょうか。ある美容整形外科では、事前のカウンセリングに、自分がなりたい、理想的な顔の、または顔の一部分の芸能人の写真などを持ってきてもらうようにして、それを元に話を具体化していくといいます。ある新聞に掲載された、愛される芸能人の女性部位別ランキングでは、次のような結果が出ていました。いずれも2006年のものです。



1位 蝦原友里
2位 矢田亜希子
3位 柴崎コウ

意思のある力強い目が特徴的です。


1位 伊東美咲
2位 松島菜々子
3位 宮沢りえ

鼻筋がすっと通った、整った鼻です。高さはそれほどでもなくても、顔全体との調和が取れていることがポイントのようです。かわいい系よりも、端正な美人系ということでしょうか。


1位 井上和香
2位 アンジェリーナ・ジュリー
3位 石原さとみ

ぷくんとした、ふっくら系の唇が人気なのでしょうか。ボリューム感があって、セクシーさと健康的イメージがある唇は、魅力的な口元を作るのでしょう。

女性だけでなく、男性のランキングも発表されています。



1位 木村拓也
2位 岡田准一
3位 玉木宏


1位 岡田准一
2位 亀梨和也
3位 ペ・ヨンジュン


1位 滝沢秀明
2位 オダギリ・ジョー
3位 妻夫木聡


清涼感のある、端正な顔立ちが人気ということでしょうか。とはいえ、「美の定義」は流動的なものです。でも流行が変わったからといって、そのたびに美容整形手術を受けていたら、キリがありません。自分なりの美の意識や美の定義をしっかりもって臨まないと、いったい何を目指していたのかわからなくなってしまうかもしれません。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース