スポンサード リンク

最近、メディアを中心に、大きな注目を集める美容整形ですが、「全然、痛くないんだって!」、「メスを使わなくてもいいんだってよ!」などなど、聞いていると、何だかとっても気軽にできてしまうような気がしてきてしまいます。「もっと胸が豊かになりたい!」、「この太い足! どうにかして・・・」、「○○さんのようなパッチリした目になりたい」という声を耳にします。

美容整形に対するハードルが低くなるにつれて、今まで、興味を持ちながらも、今一歩足を踏み出せなかった人たちが、ぞくぞくと美容整形外科、または美容整形手術を行えるクリニック、大学病院等を訪れています。とはいっても、それぞれ抱える悩みは人によって千差万別です。実際、どのような問い合わせが多いのでしょうか。ある大手美容外科における、整形を希望する身体の部分別ランキングは、次の通りです。


1位 フェイスライン
輪郭の整った小顔が人気です。

2位 鼻
鼻筋の通ったすっきりとした鼻。何しろ顔の中央にあるため気になるのもうなずけます。

3位 バスト
豊かな胸は女性の永遠の憧れでしょう。大きいだけではなく、形の良いバストが理想のようです。

4位 若返り
アンチエイジングです。加齢に伴うシワやたるみを無抵抗に受け入れるのはやはり許せないのでしょうか。

5位 目もと
目は口ほどにものを言います。魅力的な瞳は顔の印象を決定付けます。


以下、身体の一部分ではありませんが、脂肪吸引、プチ整形、スキンケア、ワキガ多汗症といった治療に対する問い合わせが多いようです。同じ「キレイになりたい」でも、「どこをどのようにキレイにしたい」のかは、人によって、それぞれ異なるようです。このことを考えてみても、やはり、事前の話し合いが、どれほど重要であるかが理解できると思います。

自分が目指す美しさ、美容整形によって手に入れたいと思う美しさとは何なのか、自分自身が、具体像を、しっかりと自覚すると同時に、施術を担当してくれる相手にそれを正確に伝えること、そして、手術後のあらゆる可能性とアフターケアーを、事前にしっかり納得した上で、手術に臨むことが、大変重要です。

美しくなりたいという強い願いは、老若男女を問わず、誰もが持っている願望です。近年、ますます身近に、ハードルが低くなっていく美容整形ですが、何も、女性の専売特許というわけではありません。女性の美容整形に対する、男性の理解も進んでおり、また、男性自身が美容整形手術を希望するケースが急増しているのです。

あるメンズ美容整形のランキングによると、今すぐに治療したいのはどこか、という問いに、次のような結果が出ています。

1位 包茎治療
2位 ワキガ
3位 多汗症
4位 医療植毛
5位 ED治療
6位 性病治療

1位の包茎治療ですが、個人差があり、また手術を受ける機関によっても幅がありますが、仮性包茎の場合は、8万円ほど、真性包茎の場合は、16万ほどが相場だそうです。希望する男性の精神的不安をなくすために、受付から全て男性のスタッフが応じているクリニックもあるようです。

「自分らしい男性美」を目指し、全身をトータルに美しくすることを、大々的に宣伝する機関もあります。「自分らしい男性美」というのが何かは、それこそ、「自分らしい美意識」によるのでしょうが、コンプレックスをなくし、元気はつらつとした健康美のことをいうのでしょうか。

医療植毛を受けた経験のある、とある30代の男性の場合、20代半ばから、額の後退が、徐々に気になり出しました。その後、さまざまな薬を、自己流に試したものの、思うような結果が得られませんでした。そして、思い切って、美容整形による医療植毛に踏み切ったそうです。最初は抵抗があったようですが、ていねいなカウンセリングに納得でき、半年毎に、3度の植毛を繰り返し、夢にまでみた結果を手に入れたようです。

その他、男性美容整形には、ED治療や性病治療もあります。場合によっては、男性だけの問題ではないこともあるでしょう。公然とまではいかないまでも、もっと、男性に対する美容整形治療が、広まり、周囲から理解を得られ、受け入れられやすい社会になると、救われる男性が多いのかもしれません。

日本においては、一部の芸能人は除き、「私は美容整形手術を受けました!」と、公然と明言する人は、まだまだ少ないか、めったにいないのではないでしょうか。しかし、欧米、特に北米では、老若男女を問わず、整形手術を受ける人が急増しています。美容と健康、若さに対する執着心、価値観が、非常に高く、また、そのことにかけるお金を惜しまないという、経済的背景も関係していると考えられます。

特に、歯列矯正は大変普及しています。歯列矯正を受けないことを、批判される場合さえあるほどです。欧米では、唇の間から覗く八重歯は、ドラキュラの牙を連想させ、醜い、縁起が悪い、と毛嫌いされているのです。そのため、子供のうちに矯正されることが多いようです。

一方、日本では、八重歯はチャームポイントとさえ言われることもあります。このように、審美感の文化的違いが、影響している面もあります。欧米の場合、美容外科の林立が価格競争を生んでいるため、かなりの低価格で手術が可能なのが現状であり、それは市民にとってはありがたいことです。

同じくアジアの国、韓国では、主に、芸能人の施術の告白が、好意的に受け止められつつあることから、一般人でも、美容整形を受ける人が、急速に増加しつつあります。例えば、わが子の入学祝いに、親が子に美容整形手術を贈る、ということさえあるそうです。とはいえ、これはあくまで一部の富裕層の話であると思われます。

ただ、韓国の美容整形手術は、ブームが先走ってしまっている感もあります。無免許の医師による手術のために、顔が崩壊してしまったという、笑えない話もあります。「扇風機おばさん」が、社会問題となったこともありました。日本でもそうですが、韓国においても、「美人の定義」は、時代によって、流動的なものです。美容整形=欧米美人という傾向を、疑問視する声もあります。本来のアジア系美人を見直す動きを期待する人も、大勢いるのではないでしょうか。

日本では、依然として整形手術に対する敷居も高いですし、世間での見方も好意的ではないためなのか整形をしたことをおおっぴらにする人や公表する人はあまり多くはみられません。そんな中でも整形したことを公表したり公開したり、自ら宣伝したりしている各界の有名人たちもいます。

◆審美歯科系
松田聖子さん
YUKIさん(元JUDY AND MARY)(歯列矯正)
森理世さん(ホワイトニング・セラミック治療)

◆ボトックス
シンディ・クロフォードさん
マドンナさん
ニコール・キッドマンさん

◆その他
中山麻里さん(シワ取り:ヒアルロン酸注入)
中村うさぎさん(スレッドリフト・脂肪吸引・二重瞼など)
宍戸錠さん(頬シリコン注入、その後に除去しました)
舞の海さん(シリコン注入をおこない身長を高くしました)
室井佑月さん(豊胸)

チョン・ヘビンさん(鼻整形・歯列矯正)
ヤン・ミラさん(鼻整形)
チョ・ヘリョンさん(額)
ペク・チヨンさん(目・鼻)
イ・ヒョリさん(ボトックス注入)

デミ・ムーアさん(全身整形)
タラ・リードさん(豊胸・脂肪吸引)

韓国では堂々と告白している人のほうが多いようです。隣国である韓国では、美容整形に対する認識は日本と比べるとはるかに進んでいると言われています。 大学受験を合格したお祝いに親が二重まぶたの整形手術を子供にプレゼントすることや、誕生日や成人式のお祝いに美容整形を勧めこともあります。またお見合いで有利になるように母娘で美容整形医院に訪れることや年老いた両親に、子供がシワ取りの整形手術をプレゼントするといったこともあります。


話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形関連ニュース