スポンサード リンク
韓国の美容整形

日本においては、一部の芸能人は除き、「私は美容整形手術を受けました!」と、公然と明言する人は、まだまだ少ないか、めったにいないのではないでしょうか。しかし、欧米、特に北米では、老若男女を問わず、整形手術を受ける人が急増しています。美容と健康、若さに対する執着心、価値観が、非常に高く、また、そのことにかけるお金を惜しまないという、経済的背景も関係していると考えられます。

特に、歯列矯正は大変普及しています。歯列矯正を受けないことを、批判される場合さえあるほどです。欧米では、唇の間から覗く八重歯は、ドラキュラの牙を連想させ、醜い、縁起が悪い、と毛嫌いされているのです。そのため、子供のうちに矯正されることが多いようです。

一方、日本では、八重歯はチャームポイントとさえ言われることもあります。このように、審美感の文化的違いが、影響している面もあります。欧米の場合、美容外科の林立が価格競争を生んでいるため、かなりの低価格で手術が可能なのが現状であり、それは市民にとってはありがたいことです。

同じくアジアの国、韓国では、主に、芸能人の施術の告白が、好意的に受け止められつつあることから、一般人でも、美容整形を受ける人が、急速に増加しつつあります。例えば、わが子の入学祝いに、親が子に美容整形手術を贈る、ということさえあるそうです。とはいえ、これはあくまで一部の富裕層の話であると思われます。

ただ、韓国の美容整形手術は、ブームが先走ってしまっている感もあります。無免許の医師による手術のために、顔が崩壊してしまったという、笑えない話もあります。「扇風機おばさん」が、社会問題となったこともありました。日本でもそうですが、韓国においても、「美人の定義」は、時代によって、流動的なものです。美容整形=欧米美人という傾向を、疑問視する声もあります。本来のアジア系美人を見直す動きを期待する人も、大勢いるのではないでしょうか。

次の記事 >> 芸能人の美容整形
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース