スポンサード リンク
部位別の美容整形ランキング

最近、メディアを中心に、大きな注目を集める美容整形ですが、「全然、痛くないんだって!」、「メスを使わなくてもいいんだってよ!」などなど、聞いていると、何だかとっても気軽にできてしまうような気がしてきてしまいます。「もっと胸が豊かになりたい!」、「この太い足! どうにかして・・・」、「○○さんのようなパッチリした目になりたい」という声を耳にします。

美容整形に対するハードルが低くなるにつれて、今まで、興味を持ちながらも、今一歩足を踏み出せなかった人たちが、ぞくぞくと美容整形外科、または美容整形手術を行えるクリニック、大学病院等を訪れています。とはいっても、それぞれ抱える悩みは人によって千差万別です。実際、どのような問い合わせが多いのでしょうか。ある大手美容外科における、整形を希望する身体の部分別ランキングは、次の通りです。


1位 フェイスライン
輪郭の整った小顔が人気です。

2位 鼻
鼻筋の通ったすっきりとした鼻。何しろ顔の中央にあるため気になるのもうなずけます。

3位 バスト
豊かな胸は女性の永遠の憧れでしょう。大きいだけではなく、形の良いバストが理想のようです。

4位 若返り
アンチエイジングです。加齢に伴うシワやたるみを無抵抗に受け入れるのはやはり許せないのでしょうか。

5位 目もと
目は口ほどにものを言います。魅力的な瞳は顔の印象を決定付けます。


以下、身体の一部分ではありませんが、脂肪吸引、プチ整形、スキンケア、ワキガ多汗症といった治療に対する問い合わせが多いようです。同じ「キレイになりたい」でも、「どこをどのようにキレイにしたい」のかは、人によって、それぞれ異なるようです。このことを考えてみても、やはり、事前の話し合いが、どれほど重要であるかが理解できると思います。

自分が目指す美しさ、美容整形によって手に入れたいと思う美しさとは何なのか、自分自身が、具体像を、しっかりと自覚すると同時に、施術を担当してくれる相手にそれを正確に伝えること、そして、手術後のあらゆる可能性とアフターケアーを、事前にしっかり納得した上で、手術に臨むことが、大変重要です。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース