スポンサード リンク
芸能人の美容整形

日本では、依然として整形手術に対する敷居も高いですし、世間での見方も好意的ではないためなのか整形をしたことをおおっぴらにする人や公表する人はあまり多くはみられません。そんな中でも整形したことを公表したり公開したり、自ら宣伝したりしている各界の有名人たちもいます。

◆審美歯科系
松田聖子さん
YUKIさん(元JUDY AND MARY)(歯列矯正)
森理世さん(ホワイトニング・セラミック治療)

◆ボトックス
シンディ・クロフォードさん
マドンナさん
ニコール・キッドマンさん

◆その他
中山麻里さん(シワ取り:ヒアルロン酸注入)
中村うさぎさん(スレッドリフト・脂肪吸引・二重瞼など)
宍戸錠さん(頬シリコン注入、その後に除去しました)
舞の海さん(シリコン注入をおこない身長を高くしました)
室井佑月さん(豊胸)

チョン・ヘビンさん(鼻整形・歯列矯正)
ヤン・ミラさん(鼻整形)
チョ・ヘリョンさん(額)
ペク・チヨンさん(目・鼻)
イ・ヒョリさん(ボトックス注入)

デミ・ムーアさん(全身整形)
タラ・リードさん(豊胸・脂肪吸引)

韓国では堂々と告白している人のほうが多いようです。隣国である韓国では、美容整形に対する認識は日本と比べるとはるかに進んでいると言われています。 大学受験を合格したお祝いに親が二重まぶたの整形手術を子供にプレゼントすることや、誕生日や成人式のお祝いに美容整形を勧めこともあります。またお見合いで有利になるように母娘で美容整形医院に訪れることや年老いた両親に、子供がシワ取りの整形手術をプレゼントするといったこともあります。


次の記事 >> ワキガの原因
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース