スポンサード リンク
ワキガの原因

運動した後の、キラキラ光る汗は、さわやかで魅力的なものです。しかし、汗が臭う、いわゆる「ワキガ」は、嫌なものです。世界でも、特に清潔好きの日本社会において、不快な「臭い」として、まさに敵扱いされています。

腋臭症、つまり「ワキガ」とは、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、強い臭いを発するものです。ただし、興味深いことには、その個人の属する集団によって、その臭いが、どれほど他人に不快感を与えるものととらえられるかは、差が見受けられるということです。

「ワキガ」の臭いを嫌う人が多い集団では、ワキガをもつ患者さんの多くが、それを過度に気にしてしまうような精神状態に追い込まれます。そのため、ワキガがうつ病などを併発する恐れがあるほどです。

また、実際には、ワキガなどしていないのに、ワキガがしていると勝手に自己判断し、自己臭恐怖症に陥っている人も多く存在します。そのような社会では、ワキガは治さなくてはならないものということで、それを持つ人は、美容整形へ駆け込むことになります。

日本において、ワキガが特に嫌がられるのには、理由があります。大半がモンゴロイド人種から構成される日本社会では、腋臭形質をもつ人が少数派であるという事情があるのです。

一方、コーカソイド人種の一角を構成する白人や、大多数がネグロイド人種である黒人では、腋臭形質をもつ人の方が、持たない人よりも多いということです。そのため、日本でなら、腋臭症として疎んじられる人、またはそう自認して憂鬱な気分に陥ってしまう人が、それを全く気にしない、あるいは、異性にとっては魅力的と感じられることすらあるということです。フェロモンとして機能するようです。

ワキガに対する、国による意識の違いは、その対処法にも反映されてきます。

日本の美容整形では、脱毛の処理によって、腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保存されるのを防ぐことで、汗の分解量を軽減して、腋臭臭を軽減させる方法がとられることがよくあります。また、手術によってアポクリン腺を切り取ってしまう方法も一般的です。

いずれにしても、日本社会におけるワキガへの扱いは過酷であり、ワキガそのものを抹消してしまおうという雰囲気があります。それに対して、西洋諸国では、香水文化が発達しています。ワキガも含め、体臭を、より効果的に演出しようとする発想があります。

女性のみなさん、ご主人の、または彼の、ワキガを魅力的と感じるでしょうか。それとも、いくら好きな人でも、ワキガは受け付けられないと思われるでしょうか。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形新着情報&ニュース 一覧
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース