スポンサード リンク
美容整形の失敗

美容整形において、手術に失敗した経験を語ることは、最近でこそ、「潔い」というイメージに受け止められたりしますが、しかし、それでもやはり、まだ日本では、公然と「私は美容整形手術を行いました」と宣言する人は、少ないのが実情です。ましてや、「手術をして失敗しました」と、告白する人はほんの一握りだと思います。多くの方は、泣き寝入りをしているのが実情であると言えます。

また、「失敗」とはまでは言えないまでも、思っていたイメージと、大幅に違っていた、痛くないという話だったのに、耐えられないほどの激痛だった、すぐにもとに戻ってしまったなど、治療を受ける前には見えなかった、あるいは、巧みに隠されてしまっていた実情が、後になってから明らかになることがよくあります。

そして、悲しいことに、そのときになっても、既に遅く、どうすることもできない窮状に、ひとり置かれてしまうということは、決して珍しくはないことなのです。

悲惨な結果を招いてしまう原因のひとつとしては、やはり、事前の話し合いや、情報収集が不十分だった、あるいは偏っていたということが挙げられるようです。短いカウンセリングだけで、当人がしっかり納得しないうちに、即手術ということがあったり、または、カウンセリングにあたった医師と、実際の執刀医が別人だったという医療機関も、存在するという話です。

失敗したら、また再手術をすればいい、というものではありません。失敗による身体的なダメージは大変つらいものなので、安易に考えるべきではありません。

例えば、目の美容整形手術のひとつである埋没法を受けて、糸が切れてしまったために、3回もやり直しをした方がいらっしゃいます。その結果、瞼がたるみ、顔面がマヒ状態になってしまったそうです。そういうことも、ある得るのです。それは金銭的にも、また、何よりも、精神的にも、心に深い傷あとを残すことになってしまいます。

そして、意外に思われるかもしれませんが、成功しても、100パーセント幸せに結びつくとは限らないということも、忘れてはならないことと言えるでしょう。不幸にも、周りから肯定的に受け止められなかった、美容整形手術を受けたことが、周囲からも、そして何より、結果的には自分自身も快く受け止められなかった、ということがあり得るのです。

何事においても言えることですが、すべてが事前に予測できるわけではありません。必ずしも肯定的な面ばかりではないということを、やはり、肝に銘じて、美容整形に臨むべきではないでしょうか。

次の記事 >> 美容整形の選び方
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形新着情報&ニュース 一覧
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース