スポンサード リンク
自宅で行うケミカルピーリング

夏の間、日焼け止め対策を、しっかりやっていたつもりでも、秋になると、肌は、夏に受けたダメージを如実に表し始めます。急に増えだしたシミ、ソバカス、くすみを何とかしたいと、嘆いている女性も多いのではないでしょうか。 

そんなとき、美容整形なら、「ケミカルピーリング」や「レーザー治療」がおすすめです。これらの治療を受けることで、真っ白な肌を取り戻してくれそうです。

近年、「プチ整形」といって、メスなどを一切使用せず、短時間で、しかも比較的安価な値段で施術が可能な整形手術が話題になっています。そして、芸能人でない、一般の人たちの間でも、美容整形が急速に普及し始めています。

比較的安価とは言っても、やはり、お安い買い物ではありません。そのため、例えば、シミ・ソバカス対策として、市販品を利用して、自宅でケミカルピーリングを行おうと考える方が増えているようです。

ピーリング石けん、ピーリング化粧品、さらに、ピーリングマシーンなるものまで、販売されているようです。これらの製品は、使用することで、どれほどの効果を期待できるのでしょうか。

市販されているピーリング用石けん、化粧品類は、専門の美容整形機関で使用されるものよりも、かなり濃度が低く生産されています。専門機関で使用されているビタミンCは、真皮層にまで導入されるほど、高濃度のものです。

そのため、当然、市販品では、そこまでの効果は期待できません。効果が得られるとしても、かなりの時間がかかるものと思われます。そして、何より心配なのは、肌に合わないものを、自己判断で用いてしまったときに発生するトラブルです。

ピーリングとは、英語で「はがす」という意味です。つまり、皮膚表面の古い角質をはがして、新陳代謝を促し、健康な肌を取り戻そうというものです。しかし、角質は、外界の刺激からお肌を守る役目を担っているものなので、それを剥ぎ取ってしまうのですから、当然、肌は無防備な状態のなってしまいます。

また、ピーリング剤は、高濃度のものは、使用方法を誤ったりすることで、皮膚炎を起こしたり、かえってシミの原因にもなったりしかねない薬です。

ケミカルピーリングは、厚生労働省によって定められた、医療行為であるという認識を持つことが重要です。自宅で気軽に値段も安くやってみようとした結果、逆に高くついてしまった、また肌にトラブルを起こしてしまったということに、ならないようにしたいものです。

次の記事 >> 男性の美容整形
話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形新着情報&ニュース 一覧
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース