スポンサード リンク
プラザ形成外科の切らない二重まぶた施術

プラザ形成外科では、切らない二重まぶた術のDSTメソッド、スマートメソッドを取り扱っています。このDST二重まぶたは、いまから10年以上も前にアメリカでプラザ形成外科のドクターたちが初めて開発した二重まぶた術式です。従来の糸1本の簡単な二重まぶたよりも、はるかに取れにくくなており、糸3本の方法のように複雑ではありません。

そして、再手術をする際にも簡単に糸を抜くことができる方法です。この二重まぶた術式は2000年にアメリカ美容外科ジャーナル(Aesthetic Surgery Journal)によって、斬新な二重まぶた施術と掲載されました。そして、ニューヨークやカリフォルニアなどの新聞でも取り上げられた方法です。現在では、日本でもおこなっていますしアメリカの一部のクリニックで行われています。

DSTメソッドは両側10万5千円かかります。片側の場合は6万3千円となります。そしてDSTメソッドよりも簡易な二重まぶたの方法(スマートメソッド)もあります。これは従来型の術式です。「埋没法」ともいわれています。二重まぶた(スマートメソッド)はキャンペーンもおこなています。1-2本の糸で行うクイック方式のことでDST二重まぶた方式くらい頑強な固定方法ではありません。しかし、まぶたの脂肪が特に厚くない方の場合は、この方法でも十分に固定することが期待できます。施術は無痛で20分程度かかります。

話題の自分でできる二重まぶた・バストアップ特集
98%の確率で男女、性別、年齢を問わずわずか数週間で家族や友人にもバレず、綺麗な二重まぶたになる方法とは?
現役エステティシャン「石塚あゆみ」が教えるバストアップ法、たったの3週間であなたのバストは大きくなる方法を教えます!
美容整形新着情報&ニュース 一覧
美容整形口コミガイド 新着情報

真夏のあいだ照りつける太陽のした、思いっきりこんがりと日焼けをしてしまった経験はありませんか?でも、気づけばシミやソバカス、くすみが出てきた、などということになってはいませんか?食欲の秋には秋刀魚が美味しいですよね。栗ご飯なども旬のものなのでとても美味しいです。ついつい油断をしていたら、おなかがぽっこり出てしまっていてびっくりしてしまう、そんな人も少なくはありませんよね。

若い頃はよく褒められた顔なども、いつの間にか、目じりが下がってしまい上瞼が下がって、何だか表情が冴えないなんてことありますよね。そのような場合、あなたは、どうするか?と考えてしまいますよね。自力で何とかしたいとは思ってはみたものの、実際にはなかなか成果はあがらないものです。そんなとき、最後の神頼みが美容整形なのです。美容整形にたいして救いを求める人がだんだんと増えてる傾向にあります。

美容整形とは、いったいどのようなものなのでしょうか?美容整形は、人体の機能上の欠損や変形の矯正というよりも、審美的な観点から、人体の改善を目指す臨床医学のことです。経済の成熟や医療市場の拡大、QOL (クオリティ・オブ・ライフ)=生活の質の向上を目指してきた現代社会の傾向を、如実に物語っている現象だともいえます。美容整形外科は、外科学の一分野で、形成外科の一分野という認識もあります。大学病院や総合病院では、美容外科が形成外科内に併設されていることもあります。

美容整形関連ニュース